真に効果のあるSEO術のみを紹介

HP作成中級者が挑むSEO

2015年、SEO (検索エンジン最適化、Search Engine Optimization) の流れが大きく変わりつつあります。
近年では、

(1)有力なサイトからリンクを得ること
(2)他にはない独自のコンテンツを配信すること
という2つが重要なSEOの柱でしたが、(1)の、より多くのリンクを得るという手法が、突然重要ではなくなってしまいました。
Google社の検索スパム対策チームのリーダーであるマット・カッツ氏が2014年に、 「ホームページのランキングを決定する要素としてサイトリンクを重要視していたが、Googleはサイトリンク以外の方法でウェブサイトのクオリティーを判定する技術を向上させてきた。 今後もサイトリンクは、ランキング決定の要素としてあと数年は使い続けるだろうが、徐々にその重要性は下がっていく。」との発言をしました。
代わりに、それぞれのサイトの著者(オーサー、Author)を様々な要素からランク付けし、オーサーランクの高い著者が書く記事には高い得点を与えるということです。
(ユニークな独自のコンテンツを提供し続けている著者は、必然的にオーサーランクが高くなりますので、(2)の手法は依然最重要です。)

それともう一つ、近年はスマートフォン・タブレット端末が爆発的に普及し、パソコンの画面でHPを閲覧する人の割合が減りました。
そこでGoogleは、スマホの小さい画面でも快適に見られるよう設計されたホームページは、検索結果の上位に表示されるようにアルゴリズムを変更しました。
スマホ最適表示対応のサイトが、検索結果の上位にくるのは、スマホを使ってGoogle検索した場合のみですが、「自分のサイトはパソコンの人しか見ないから」という方でも、やはりスマホ対応にしておいたほうが良いでしょう。(と、Google公式ブログが言っています !)
Googleは、あるサイトに訪れた閲覧者が、どういう経路で、どのページに最初にアクセスし、マウスをどのように動かし、どのページに移動して、何秒間そのページを見ていたか、などを非常に細かく記録していると思われます。
そして、その膨大なデータを基に、あるサイトのそれぞれのページの重要度を判断していると思われます。
スマホ非対応のサイトをスマホで見ると、文字が小さすぎるので、閲覧者は一瞬にしてサイトから離れていってしまいます。
そしてこの、サイトから一瞬にして離脱してしまう件数も、Googleのサイト評価ファクターに入っているのではないでしょうか?
中期的にみれば、スマホ対応画面か否かも、パソコンを使っての検索結果ランキングに影響してくるものと思われます。

では、これから、検索エンジン最適化のために何をすれば良いのか、もう少し細かく見ていきましょう。
(なお、ここで書くことは全て、Google検索のみを対象にし、Yahoo! Japan検索やBing検索は無視しています。ちなみに、Yahoo! Japanの検索エンジンはGoogleが提供しています。)

SEOの歴史

SEOとは、日本語で「検索エンジン最適化」と訳されますが、「検索エンジンで、より上位に表示させるためのテクニック・技術」と考えている人が多いと思います。
このようなイメージから、インターネット黎明期からしばらくの間、検索エンジンを騙して自サイトの過大評価をさせ、検索結果上位に表示させることこそがSEOであるというような考えが支配的であり、検索エンジンを欺くテクニックが横行し、 そして実際に、それらの悪辣な行為は有効でした。

ホームページの内部対策が超重要

HTML5は、それまで長らく普及していたHTML4.01の次に発表された、HTMLの大幅な改訂版です。
2008年1月にドラフトが発表され、2014年10月に勧告となりましたが、各有力ブラウザーは、2011年頃にはHTML5のウェブページ表示に対応していたように思います。
HTML5になって、CSS によって実現されるべきマークアップ (font要素・center要素など) は全て廃止されたり、新たな要素 (audio要素・video要素・canvas要素など) が追加されたりしましたが、SEOの観点からみて特に重要な点は、 article要素・section要素・nav要素・aside要素など、検索エンジンのインデックス作業を容易にする要素が追加されたことです。

スマホ画面最適化の重要性

Googleでは、2015年4月21日より、「ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうか」をランキング要素として使用し始めました。
これはどういうことかと言うと、スマホの小さい画面でも快適に見られるよう設計されたウェブページは、検索結果のより上位に表示されるようにアルゴリズムを変更したということです。

↑ PAGE TOP